こだわりの商品

トップページ > こだわりの商品

日本茶の発祥の地は、ここ滋賀県!

滋賀県は日本のお茶の発祥地とされ、西暦805年伝教大師最澄が唐より持ち帰った茶の種子を比叡山麓の日吉大社あたりにまかれたのが始まりとされています。
日吉大社は、伝教大師最澄が比叡山延暦寺を創建した時の鎮守とした神社で、その境内にある日吉茶園は日本最古の茶園といわれています。かつて最澄が遣唐使と共に入唐した際に持ち帰ったと伝えられる茶種を育成し、嵯峨天皇に煎茶を献じたという記録も残されています。

いろいろあるお茶

日本茶もウーロン茶も紅茶も、すべて同じお茶の樹からつくられます。原料となる茶の樹の葉を発酵させるかしないか、という製法の違いによって、不発酵茶(緑茶)、半発酵茶(ウーロン茶)、発酵茶(紅茶)の3種類に分けられます。

日本茶は不発酵茶の代表で、茶葉を蒸したり炒ったりして、酸化酵素の働きを抑制して製造します。煎茶、かぶせ茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶などいろいろな個性的なお茶があります。自分好みのお茶を見つけてください。

このページの先頭へ